総ビリルビンを下げる食べ物は実際にはサプリメントには叶わない?新事実情報!

 

血液検査の結果、総ビリルビンの値が高いと言われた人もいるでしょう。
総ビリルビン値は、肝臓の状態と密接に関係があり、高い場合には肝臓が弱っているかもしれません。
総ビリルビンの値は、食生活を見直して下げていきましょう。

 

 

・総ビリルビン値を下げる食材
総ビリルビンの値を下げるためには、肝臓の機能を強くするような食べ物を食べましょう。
シジミや牡蠣といった貝類には、様々なアミノ酸が多く含まれています。
ビタミンB2やカルシウム、鉄、亜鉛などの栄養が豊富にバランスよく含まれています。
アミノ酸の一種であるタウリンには、肝臓の細胞を強くする効果があります。
他にも、カロチンを含むかぼちゃや人参、ビタミンAを含むバーやウナギなど、ビタミンが豊富な食材を食べましょう。
肝臓の機能でもビタミンは使うので、肝臓を強くすることができます。
様々なタンパク質とビタミンを含む食材をバランスよく食べることを心がけましょう。

 

しかし、これらの食材を毎日大量に料理していくのは大変ですね。
そこで食生活を見直すだけでなく、サプリメントを上手に使っていきましょう。

 

・総ビリルビン値を下げるサプリメント

 

肝臓の機能を強くして、総ビリルビン値を下げてくれるサプリメントは、必須アミノ酸などのタンパク質や、ビタミンをなどをバランスよく豊富に含んでいるものです。
オルニチンやタウリンを含むシジミなどを原料としたサプリメントは、ビタミン類も添加され栄養のバランスがとれています。
牡蠣を原料としたサプリメントも肝臓にはとてもよいです。
肝臓の機能を強くするためには、グリコーゲンやアミノ酸やビタミン、ミネラルがなども必要です。
牡蠣にはこれらが豊富にバランスよく含まれています。
他にもニンニクを原料としたサプリメントもよいです。スタミナ補給のアリシン、イライラ解消のビタミンB1などが含まれています
アリシンは、ミネラルやアミノ酸が体に吸収されるのを手助けしてくれるので、シジミや牡蠣のサプリメントと一緒に取ると効果的ですね。

 

 

栄養以外にも経済面で、サプリメントは食材を買うよりもお手軽です。
例えば1日の服用分にシジミ約300個分の栄養素が含まれているサプリメントがあります。
シジミ1パック約30個入りが200円だとしても、サプリメント1日分では2000円になります。
でもサプリメントだと1日分の栄養を約100円でとることができます。
20分の1なので大変経済的ですね。

 

手軽に使うことができるサプリメントを利用して、肝臓の健康を保って総ビリルビン値を下げていきましょう。

 

 

 

■さらに詳しい情報をお求めの方へ
管理人が自信をもっておすすめするサイトをご案内いたします。
こちらでも総ビリルビンの情報をまとめていますが、お勧めするサイトではより詳しいビリルビンの内容が解説されています。
肝臓がピンチの時のサインであるビリルビンをよりわかりやすく、より丁寧に紹介しているサイトは今まででこのサイトのみです。
ぜひリンクして確認してみてください!

 

→お勧めビリルビン解説サイトはここから